女は男を知らない ーA woman does not know a manー

We will summarize gossip and gossip from Japanese entertainers, sports players, musicians etc.

話題のマーベル映画まとめ!シリーズからキャラまでかいつまんで分かりやすく解説!

アメリカのコミック、通称アメコミは、スーパーマンやバッドマン以外はあまりなじみがなく、よく分からないという方も多いのではないかと思います。

 

そんなちょっとマニアックな存在のアメコミですが、近年は映画で盛り上がりを見せており話題に上ることもしばしばです。中でも特に盛り上がりを見せているのが、マーベルコミックを題材としたシリーズです。


しかし、公開済みのマーベル映画はすでに20作品近くとなっており、今から全て見るのはちょっと大変だし、なかなか手の出ない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなマーベル映画について、シリーズとキャラについて、なるべくかいつまんで、初めて見る前でも分かるように解説していきたいと思います。

まず、このシリーズは「アベンジャーズ」というスーパーヒーローのチームが中心となって描かれます。

 

そして、この「アベンジャーズ」に加わる各メンバーのストーリーを描いた作品が、他にいくつもあるという状態です。なので、まず概要を押さえるなら「アベンジャーズ」を見てから、気になるキャラの作品を見ると良いでしょう。

 

では、その「アベンジャーズ」に登場する主要キャラについて、いくつかご紹介しましょう。

まず、このマーベル映画のシリーズ第1作は「アイアンマン」という作品で、その主人公のアイアンマンは、ほぼ全てのシリーズ作品に関わる重要なキャラクターです。アイ

 

アンマンは、アメリカの武器製造会社の開発者兼社長が、自ら作ったアイアンスーツを身にまとい、悪と戦うというストーリーです。

 

次は、「キャプテンアメリカ」です。米軍の作戦による科学実験により、強靭な肉体を手に入れた、元は平凡で純情な青年が主人公で、彼が軍人として活躍するストーリーになります。

 

アベンジャーズ」のストーリーの中で、この「アイアンマン」と「キャプテンアメリカ」が対立するシーンなどもあり、この両者はまさに中心人物と言えます。

 

次は、「マイティー・ソー」です。こちらは地球から遠く離れた星が舞台で、主人公のソーも不老不死で強靭な体を持つなど人間ではありません。このソーはスーパーヒーローでありながら、弟のロキが悪役となるので押さえておく必要があります。

 

これらに加わるのが「ハルク」です。主人公はアメリカの物理学者なのですが、実験のせいで超人ハルクに変身してしまうようになり、その苦悩や超人ハルクになったからこその活躍が描かれます。見かけは緑の大きい人なのですが、見ればピンと来る方も多いのではないでしょうか。

 

これに、ギャグ要素の強い「ガーディアンズオブギャラクシー」や、ホームドラマっぽい「アントマン」、以前から別のシリーズで映画化もされており、一番有名な「スパイダーマン」に、ちょっと不思議な展開の「ドクターストレンジ」などが加わります。

 

独立した映画シリーズになっていないキャラにも、主要なキャラはいます。女スパイのブラックウィドウや、弓の名手ホークアイキャプテンアメリカの幼なじみのウィンターソルジャーなどは出演作も多く人気があるので、押さえておきたいところです。

 

マーベル映画の魅力は、そのストーリーの完成度の高さです。キャラの人物描写も単なるスーパーヒーローではなく複雑さもリアリティもあり、大人でも十分楽しめます。また、社会的問題に立ち会うような側面も垣間見えますので、幅広い層に対し鑑賞に堪えるものでもあります。

 

今後も、新しく加わるスーパーヒーローの「ブラックパンサー」や、「アベンジャーズ」の新作などの公開が控えています。

主要キャラや基本ストーリーを押さえて新作を見れば、まだ間に合うと思いますので、皆さんも是非ご覧ください!