女は男を知らない ーA woman does not know a manー

We will summarize gossip and gossip from Japanese entertainers, sports players, musicians etc.

これからの渋谷すばるさんの音楽人生に期待したい I would like to expect Shibuya Subaru's music life in the future

 

 

f:id:ligerliger226:20180416073954j:plain

2018年4月15日。ジャニーズ事務所の人気アイドルグループである関ジャニ∞のメンバーが緊急会見を行いました。黒いスーツに身を包んだ関ジャニ∞のメンバー達6人(安田さんは怪我で欠席の為)は、いつもの明るい笑顔とは対称的な緊張の面持ちで記者会見の場に現ると、大勢の記者の方に一礼しました。

 

そして、メンバーの一人である渋谷すばるさんから衝撃的な言葉が発せられたのです。それは、年内一杯でジャニーズ事務所を退所、同時にメンバーからの脱退を発表するという内容でした。その理由について渋谷さんは、音楽活動を追求する為に海外へ生活の拠点を移すというものでした。

 

今までも何度もこの事でメンバーと話し合い、協議を重ねての最終決断だと渋谷さんは説明しました。メンバーからの説得にも渋谷さんの音楽への情熱を止める事は出来なかったのです。渋谷さんは会見の終わりに、ファンの方への謝罪と、今後の関ジャニ∞を見守って欲しいと語っていました。

 


確かに、渋谷さんの歌唱力の高さや音楽に対する探求心は以前から定評があった事は有名でした。

 


渋谷さんのこれまでの経歴を簡単に紹介したいと思います。
渋谷さんは、1981年9月22日大阪府茨木市で誕生し、1996年9月22日、自身の15歳の誕生日に母親からの勧めでジャニーズ事務所のオーディションに参加。すぐに関西ジャニーズJr.として活躍し始めました。

 

渋谷さんの存在はJr.の中でも郡を抜いて目立っていて、その人気は東京で活躍していた、当時はまだJr.だった滝沢秀明さんと並べられ、「東の滝沢、西のすばる」と言われるほどでした。

 


1999年には後に嵐のメンバーとしてデビューする二宮和也さんとのダブル主演で話題となったドラマ「あぶない放課後」に主演。このドラマで、若い女の子達の間で瞬く間に人気となりました。

 

特に印象に残っているのは、OPでV6が歌う主題歌「BeliveYourSmile」を熱唱する渋谷さんの歌声でした。まだ若く、声も完全に出来上がっていない印象でしたが、とても記憶に残るような歌声でした。

 

その後もドラマや舞台などの経験を経た渋谷さんは、2002年に関ジャニ∞のメンバーとしてデビューしました。Kinkikidsに続く関西出身グループ2組目として周囲の注目を集めた彼らは、2004年に「浪花いろは節」でCDデビューをすると、瞬く間に人気を集めました。

 

コミカルな表情や芸人さんのようなリアクションで、今までにはない新しいジャニーズの形を表現する事に成功したのです。関ジャニ∞は、バラエティやCM、または映画などであっという間に国民的スターへと躍り出ました。

 

メンバーそれぞれの仕事も忙しくなり、特に渋谷さんは、リードボーカルをしながら、ギターやブルーハープを演奏するという、アイドルとしてではなく、アーティストとしての一面を覗かせるようになりました。

 

最初はコミカルな歌が中心だった関ジャニ∞も、ジャニーズとしては珍しいロックスタイルの楽曲を披露するなどして、幅広い年齢層から支持されるようになりました。

 

そんな渋谷さんが関ジャニ∞のメンバーとしてではなく、渋谷すばる個人として有名になったのは、「味園ユニバース」に主演俳優として抜擢された事ではないでしょうか。この映画の中で渋谷さんは記憶喪失の青年を演じています。

 

その体当たりな演技と、まるでドキュメントを見ているかのような自然体の演技は多くの人を感動させました。この映画の中でも渋谷さんは歌を熱唱しています。まるで心の中のものを全て吐き出すかのような歌い方は、見ている人の心を打ったと思います。

 

そして、渋谷さんの魅力は海外でも高く評価されました。
2015年8月6日、モントリオールで行われた第19回ファンタジア国際映画祭で主演男優賞を授賞しました。審査員の満場一致だったということで、日本でもかなり話題となりました。

 

思えば、渋谷さんの芸能人生は音楽といつも繋がっていたような気がします。
これから、渋谷さんは一人で自分の夢への第一歩を踏み出します。

 

会見で語られたように、家族よりも長い時間を一緒に過ごしてきたメンバーからも離れて、住み慣れた日本をも離れて、自分が求める音楽を探求する為に海外へと出発します。他の人から見たら、彼の挑戦は無謀に見えるかもしれません。ですが、これまで培ってきた経験は必ず渋谷さんの力になってくれる事でしょう。

 

会見の時に、メンバーそれぞれが目元を潤ませ、渋谷さんの決断を尊重していた姿が忘れられません。応援したいという気持ちと、寂しさ、そして渋谷さんが脱退するという不安でメンバーの心の中は複雑だったと思いますが、それでも渋谷さんの夢を応援しようとしている姿に、こんなにも素晴らしいグループがいたのかと改めて思いました。

 

渋谷さんがこれから向かう世界は、とても厳しいものになるかもしれません。ですが、これからの渋谷さんの音楽人生が輝かしいものになるように応援していきたいと思います。

 

April 15, 2018. A member of Kanjani ∞, a popular idol group of Johnny 's office, made an emergency interview. Six members of Kanjani ∞ who dressed in black suits (due to injury due to injury), when appearing at a press conference with a symmetrical tension feeling symmetrical with usual bright smile, I bowed to the reporter. And Shibuya Subaru, one of the members, gave a shocking word. It was a cup of the year that I left Johnny's office and announced withdrawal from members at the same time. For that reason Shibuya was to move the base of living abroad to pursue music activities. Shibuya explained that it is the final decision to talk with the members on this matter many times and to make consultations repeatedly. It was impossible to stop Shibuya's passion for music for persuasion from the members. Mr. Shibuya said at the conclusion that he wanted to apologize to the fans and watch over the future Kanjani ∞.
Certainly, Mr. Shibuya's singing skill and the quest for music have long been famous for having a reputation.
I would like to briefly introduce Shibuya's past career.
Mr. Shibuya was born in Ibaraki-shi, Osaka Prefecture on September 22, 1981. On September 22, 1996, he joined the audition of Johnny's Office with his mother's recommendation on her own 15th birthday. I began to play an active part as Kansai Johnny's Jr. soon. Mr. Shibuya's existence was outstanding among the counties among Jr., and its popularity was lined with Hideaki Takizawa who was still active in Tokyo, then was still Jr. "Takizawa of the East, Subaru of the west" It was enough to say.
In 1999, she starred in the drama 'Abuban after school' which became a topic with a double starring with Kazuya Ninomiya who debuts as a member of Arashi later. With this drama, young girls quickly became popular among themselves. Particularly remembered is the singing voice of Shibuya singing a theme song "BeliveYourSmile" sung by V6 in OP. It was still young and the voice was not finished completely, but it was a very memorable singing voice.
Mr. Shibuya who went through experiences such as drama and theater afterwards made a debut as a member of Kanjani ∞ in 2002. They gathered the attention of their surroundings as the second group of Kansai born group following Kinkikids, they gathered popularity in a blink of an eye in the 2004 debut of "Naniwa Iroha Section" CD debut. With a reaction like a comical expression or an entertainer, I succeeded in expressing the shape of a new Johnnyz that I have not had. Kanjani ∞ has quickly jumped to a national star in variety, CM, or movies. Members' work also became busy, especially Mr. Shibuya started to look at one side as an artist, not as an idol, playing a guitar or a blue harp while playing a lead vocal. Kanjani ∞, which was mainly composed of comical songs, became popular from a wide range of age groups, for example by showing off unusual rock style music as Johnny's.
I wonder if Shibuya-san was not famous as a member of Kanjani ∞, but became famous as a Shibuya Subaru individual, was selected as the leading actor in the "Musical Universe". In this movie Shibuya is acting as a young man who has lost memory. Acting per body and acting like a natural body as if looking at the document impressed a lot of people. Mr. Shibuya sings a song in this movie. I think that singing as if spitting out everything in my heart hit the hearts of those who are looking at me.
And Mr. Shibuya's appeal was highly appreciated overseas.
On August 6, 2015, I won the Best Actor Award at the 19th Fantasia International Film Festival in Montreal. It was quite a hot topic in Japan, because the judges unanimously agreed.
I think that Shibuya's entertainer student was always connected with music.
From now on, Mr. Shibuya will take the first step to my dream alone.
As I told at the press conference, I will depart from the members who have spent a longer time together than my family, leaving my familiar Japan and going abroad to explore the music I want. From other people, his challenge may seem reckless. However, the experiences I have cultivated will certainly be a power of Shibuya-san.
At the time of the interview, I can not forget the figure that each member made their eyes moist, respecting Mr. Shibuya's decision. I think that it was complicated in the members' hearts because of the feelings of wanting to support, loneliness, and the anxiety that Mr. Shibuya will withdraw, but still there was such a wonderful group in such a way as to support Shibuya's dreams I thought again.
Shibuya-san's future world may be very strict. However, I would like to support Shibuya-san's music life to be brilliant.