女は男を知らない ーA woman does not know a manー

We will summarize gossip and gossip from Japanese entertainers, sports players, musicians etc.

キャリアチケットは就活エージェント 就活生に役立つと思ったので、紹介しておきます。

 

 

 

かつて紹介した「キャリアチケット ラボ」が進化して「キャリアチケット」として再スタートしていました。

就活生に役立つと思ったので、紹介しておきます。

 

キャリアチケットは就活エージェント

このサービスは、転職エージェントの就活版ですね。

エージェントについて知る>>新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

エージェントは代理人として、「学生を採用したい企業」と「就職したい学生」をマッチングしてくれるのです。

スクリーンショット 2018 02 09 18 11 13

僕の就活時代の話>>大学院を辞めて就職浪人(既卒)として就活してたけど不利になることはなかったよ

スポンサーリンク

 

相談に乗ってくれて、ES添削もしてくれる

エージェントは学生の就活のサポートをしてくれます。具体的には以下のような悩みを解決してくれるのです。

エントリーシート、このままでいいの?

・今から新しく受けられる場所ってあるの?

・どうしたら面接で受かるかわからない

・今から他の業界に広げても間に合う?

なお、就活で役立つものだと、就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート「就活ノート
」もあるので覚えておきましょう
。(無料で使えます

スポンサーリンク

 

「内定まで最短1週間」と効果がすごい

あと、こうした悩みを解決してくれたり、手厚いサポートがあったりするおかげで、1週間で内定という事例もあるそうです。

他に、以下のようなメリットもあります。

・希望条件を元に厳選された求人の中であなたにあった求人をご紹介

エントリーシートを添削するから受かるポイントがわかる

・よくある質問別に面接対策するから、当日に落ち着いて回答できる

・面接対策後にフィードバックがあるので、自分の課題がわかる



>>簡単にOB訪問できるサービスも

全国の就活生が相談できる

こうした便利なサービスは、場所限らず全国の学生が使えます。

キャリアチケットでは希望勤務地が一都三県であれば、地方にお住いの方でもご登録いただけます。

その際は、以下のサービスを無料で提供してもらえます。

①電話でのカウンセリング

②東京近郊の求人紹介

③電話での面接対策

④上京時の面接日程の調整

なので、一都三県以外に住む方も利用してみてください。

キャリアチケットの口コミ、感想

なお、サイトでは以下のような利用者の実績も紹介されていました。

面接が通らない…そんな私が登録からたったの2週間で内定!

就活アドバイザーの方と一緒に対策することで、今までずっと1次面接で落ちていた私が、3社目で内定を獲得することが出来ました。

やりたい事を見つけ、就活開始からスピード内定

具体的な仕事内容や社内の雰囲気を聞いていると、「この仕事面白そう」という求人ばかり。

そこからは就活アドバイザーの方が一緒に親身に就活対策を行なってくれたので、すぐに内定を獲得することができました。

というわけで、興味がある方はキャリアチケットを使ってみてください。



>>簡単にOB訪問できるサービスも知っておく

以降は「キャリアチケット ラボ」の紹介部分です

先日、イケてる就活イベント「キャリアチケット ラボ」を主宰する方とお話をして「こりゃ、いい」と思ったので紹介します。

僕も経験してますが、座談会形式のイベントってほんと役立つので、就活生は注目しておくといいですよ。

キャリアチケットというサイト発のイベント

「キャリアチケット ラボ」は就活サイト「キャリアチケット」の会員が参加できる座談会。

毎回、有名企業の人事と就活生が少人数制でお話できるんですよ。

なお、こうした座談会が開催されている背景には現行の就活への問題意識があるんだとか。(中の人の話)

現状の就活イベント・説明会は壇上から社会人が学生に一方向に話すスタイル。学生が手に入れる情報の質はweb上で手に入るものと大差ない

そして、学生が受け身なために、本来考えるべき「将来のキャリア」を考えることがない。

就活は本来、「将来どのように働きたいか」を考えるいいきっかけになるはずだが、それよりは「早く内定が欲しい」の思考になり、就活が辛いものと捉えられてしまっている

こうした問題を解決するために座談会「キャリアチケット ラボ」が立ち上げられたのです。

「働くことは面白い」と思ってほしい

そして、座談会を通して「学生が主体的に自身のキャリアについて考える機会」を提供したいんだそうです。(以下、中の人談)

そこで、各企業の社員さんを呼んできて、少人数での座談会を開催。その後に、「働くことは面白い」、「それを知ることができる就活は面白い」と思ってもらえるのが目標なんだとか。

なお、座談会の参加企業は有名なところや、あまり就活生に知られにくいtoBビジネスをやっているところなど様々。

キャリアチケットラボの参加企業

ちなみに、僕がこの座談会をオススメしているのは、僕も就活の時に少人数制の座談会で良いきっかけをもらえたからです

座談会でベンチャーを知った

大学院の時の就活では、周りが安定してそうな大企業ばっかり受ける環境にいたので、自分もその辺を受けるもんだと思っていたんですよ。

でも、ある時ベンチャー企業の人事さんと話す座談会に行って、考え方が変わったのです。

ベンチャーの雰囲気を聞いてみて「ベンチャーって実は面白いんじゃね?」と気づけたんですよ。

座談会から人事の方と関係性が続いたよ

あと、座談会に参加した時期ってネットベンチャーインターンを始めた時期でもあり、2つを通して「ネットベンチャーの方が合ってるよな〜」と気づいたのでした。

その後も、少人数制の座談会に参加したり、そこに出ていた企業の人事さんとランチに行ったりしていろんな話を聞くことができました。

ランチの際は、現場の社員さんも来て話をしてくれて、そこで「働くのって面白いのかも知れん」と思えるようになったんです

就活が今の仕事のルーツになってる

こうしてさかのぼってみると、今の仕事で「楽しく働く」を掲げているのも、就活の時のそういった体験がベースになっているんですよね。

このように、座談会って思わぬ価値観を見つけられる貴重な機会なんですよ

なので、就活生はぜひ「キャリアチケット ラボ」に行ってみてください。サイトに登録すれば、参加できるので。

登録はこちら>>「キャリアチケット」のサイト

参加者からの口コミ「知らない企業に出会えた」

実際、「キャリアチケット ラボ」の参加者の評判もいいんですよ。

参加した95%以上の学生が満足しているし、「また来たい」と友人を連れて、次も来てくれる学生が多いそうです。

ちなみに以下は、参加者の声です。

評判A「少人数で質問しやすい」

少人数なので、社員の方との距離がとても近く、聞きたい質問ができた

(理系学生から)現場の技術職の方に直接聞きたいことを聞けた

評判B「イベントに来たことで知らない企業を知れた」

スタッフの方が積極的に話しかけてくれて、人事の方と話しやすいような環境を作っていただけた

このイベントに来ていなかったら、チェックしていなかったであろう企業を知れた

高学歴で意欲的な学生がいて口コミ良し

周りの学生の質問を聞くことで新たな視点で企業を見れて、興味が湧いた

このように、口コミもいい感じな「キャリアチケット ラボ」。参加無料だし、参加者には高学歴の学生が多いようで、意欲的な人ともつながれます。

ぜひサイトに登録して足を運んでみてください。

ではまた!