女は男を知らない ーA woman does not know a manー

We will summarize gossip and gossip from Japanese entertainers, sports players, musicians etc.

20代のうちは会社員として働いている時期があったので、給料やボーナスなどによる貯金はあったのですが、「資産運用」は全くしてきませんでした。

 

 

 

「あなたは500万円持っています。」

  • 銀行に預ける
  • 資産運用をしてみる。

どちらを選びますか?

 

20代のうちは会社員として働いている時期があったので、給料やボーナスなどによる貯金はあったのですが、「資産運用」は全くしてきませんでした。

 

なんだか、よくわからないしリスクが不安

コツコツ貯金をするのが、健全で良い

盲目的にそんな考えを持っていたので、特に投資などは行ってこなかった。

 

貯金は日々の生活で少しずつは貯まるのですが

そんな訳で、2017年5月から手探りながらも、投資・資産運用を初めてみました。

結論から言うと、「もっと早くお金に働いてもらっていれば良かったなー」っと感じました。大学生ぐらいに戻れるなら、早いうちから資産運用を初めていたと思います。

 

この記事を読んでいるあなたが、もし投資や資産運用に興味がある方は参考にしてみてください。

 

そもそも、投資や資産運用している人は5.6%しかいない

f:id:yohey-hey:20180315150905p:plain

低めで推移
「現在、何にお金をかけていますか?」という質問に「株など財テク(投資)」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2016年は5.6%となりました。男女差はほとんどなく、2016年もほぼ同率になりました。地域差はほとんどなく、2016年もほぼ同率になりました。

「株など財テク(投資)にお金をかけている」:5.6%|博報堂生活総研「生活定点1992-2016」調査

 

世間的にみると少数派。だから、学べる機会も少ないし、会話に出てくることも多くはない。そのため、資産運用や投資の必要性を考える機会もあまりない。しかしながら、資産運用は生きていく上で欠かせないお金に関する事なので、取り組んでおく意義は大きい。

 

例えば、銀行に100万円を預けておいてもスズメの涙にもならない利子しかつきませんが、資産運用で年率5%で運用したら、1年後には5万円が増えます。

1年で5%はバカにならない。

たったの、5%?」っと感じる方もいるかもしれませんが、元本100万円、年利5%で考えた場合、単純に計算すると

  • 10年で50万
  • 20年で100万

っとバカにならない金額になってきます。さらに複利の力を使うと元本が、増加していきます。また、元本がもっと大きく500万円程だった場合で年利5%で運用したら、1年後には15万円です。

 

ご存知の通り、銀行に預けていた場合はこの15万円は生み出すことはできません。

 

30代から資産運用を始めたきっかけと必要性

ぼくは30代の既婚者(子供なし)ですが、多少なりとも子供が生まれた時や老後の資金について気になる年齢となってきました。20代の頃は

まぁー、その時になったらなんとかなるでしょ!とりあえず、普通に働いているし。

っと思っていました。

 

確かに、普通に働いていればお金に大きく困る事はないかもしれませんが、

もし、働けなくなったら・・・。

これで十分なのか・・・?

などなど、余計な不安や心配を少なからずしてしまっている自分がいます。

 

また、貯金をしていれば安心っという考えに,ぼくは懐疑的です。

貯金に手をだし始めた瞬間に、

貯金はいつまで続くのだろうか・・・?」っと性格上、考えてしまうと思うからです。

 

貯金よりも投資に回していて方が、お金が増える可能性もあるし、何より周辺知識の勉強にもなるので、楽しいと思うのです。身銭を切らないと体感できない事も多いと感じます。

 

資産運用のリスク

一番のリスクは元本割れ。投資は余剰資金で!っとよく言われますが、収入の2割程度のからの運用が良いと思います。 月収30万円の人なら、月6万円程度とか。収入の2割であれば元本割れしたとしても、精神的なダメージも少ないです。

 

30代のぼくが取り組んでみた資産運用の内容とポートフォリオ

仮想通貨投資

現在の資産運用の大半は仮想通貨投資です。

テレビCMをやっていたり、コインチェックの事件の件がニュースになったので、もはや「ビットコイン・仮想通貨」っと言う言葉を聞いたことない人の方が少ないのではないでしょうか。ポートフォリオとしては、インデックス的に買い増ししています。

 

ぼくが参戦したのは2017年5月ぐらいの時でしたが、その時は一般的には

仮想通貨?ビットコインってなに??」っという人が今より圧倒的に多かった。

そのため、参入者も少なかったが2017年12月〜2018年1月にかけて、異常な高騰をしました。

 

投入した金額は最初は8万円から投資して、気づけば300万円以上を投入(笑)。一時は評価額が3000万円を越える時もありました。

 

f:id:yohey-hey:20180315150910p:plain

 

 

 

 

毎日、資産が上昇するので、

流石に異常じゃないか?」っとなりましたが、世間では資産が1億円を越える人(億り人)が続出。現在は市場はやや停滞していますが、それでもぼくが投資したお金は相場の上昇に伴い恩恵を受けることができています。

 

少し前の状況になりましたが、詳細の状況を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

関連記事:2017年11月時点での仮想通貨投資の成績と今後の展望

 

日本国内であれば、Zaif取引所が使いやすくおすすめです。

 

 

リスクが少ないので、30代の資産運用でおすすめ出来るロボアドバイザー

 

仮想通貨に続き、今後取り組もうと思っているのが「ロボアドバイザー」

 

・ロボット(AI)が勝手に世界中の株を購入

売買の手間や相場に左右されづらい

・その為、長期的運用がしやすい


一番の特徴は、手間がかからないっという点。仮想通貨の時に、いちいち相場をチェックしたり、買うタイミングを考慮するだけで結構大変でした。

 

良い経験にはなったのですが、

あまり相場とにらめっこするのは、俺には向いてないかなー」と思ったのが正直な感想。

 

しかしながら、ロボアドバイザーのウェルスナビであれば、自動的に口座から指定されたお金が引き落とされるので、ほとんど手間がかからない。

シミュレーションもできるので、自分の資産推移がイメージしやすい 。

 

f:id:yohey-hey:20180316094849p:plain

頭金100万円で毎月5万円で運用した場合(元本1900万円) 69%の確率で3000万円になるようです。年間36万円(月3万円)程度のプラス

このペースだっとまではいきませんが、生活の足しになることは間違いありません。投資先の内訳のイメージも作りやすい。

f:id:yohey-hey:20180316094844p:plain

上記のような内訳で投資をしてくれるようなのですが、これを見ても初心者過ぎて何のことだかさっぱりなのが辛い(笑)。

 

運用額のイメージは下記のような感じ。リーマンショック級の世界恐慌が起きて、プラスに復帰しているのはすごい。また元本割れしたとしても、半分程度という想定ができました。

f:id:yohey-hey:20180316094855p:plain

もちろん今後の経済状況に左右されるので、あくまでシミュレーション。長期運用のイメージの参考になります。

 

注意点・デメリット

手数料が1%かかるのですが、ぼくのような資産運用の初心者にとっては自動的に買い付けをしてくれるのは非常にありがたいサービスかなと思います。

 

とりあえず、元本100万円、毎月5万円積立と小さな金額から初めてみようかなと思います。10万円からスタートすることができるので、手持ちのお金があまりない方でも比較的始めやすいかなと思います。

 

ロボアドバイザーの評判は高そう

 

ロボットが運用してくれているとはいえ、マイナスになる恐れもあるので気長に運用してみようと思います。

 

 

人脈・経験・知識も「資産運用」だと思う

一般的な資産運用の意味と少し異なるが、「人脈・経験・知識」も立派な資産になると思う。 資産運用というとお金に関することをイメージしがちだが、お金以外に部分にも目を向けて幅広く培っていきたい。

 

また、お金を稼ぐのは楽しいことだけれども、稼いだお金を「人・経験・知識」に使いたいと思う。うまく言語化する事は出来ないが、その方がお金の使い方として面白い気がしています。

 

「具体的にどういう感じでお金を使うの?」っと言われると、まだ不明瞭だがまずは資産運用でお金を増やしていこうと思う。

 

コミュニティ運営やオンラインサロンも人と繋がれて、広義の意味で「資産」に近い形になると思うので、今後はなにか立ち上げたいと思う。出来れば「自分の人生で全くやってこなかった事」の分野があると面白いのではないかなと感じています。

 

株や不動産にも興味があるので、色々と手を出してみようと思う

まだ、仮想通貨ぐらいしか手を出していないのだが、「投資は楽しい!」っと体験することができた。仮想通貨は投資というより投機に近いかもしれないが、「お金に働いてもらう」っとう経験を擬似的にできたのは良かった。

 

今までは、労働するしかお金を生み出す手段を知らなかったけれども、今後はお金にも効率よく働いてもらおうと思う。

 

2017年の春に、この辺りの本を読み漁って勉強していた時期があるので、

いきなり資産運用をするのはちょっと、怖いけど興味はある」っという人は本を読んでみるとイメージが高まるかなと思います。

 

関連記事:【随時更新】30歳からの投資!初心者のぼくが読んだ本まとめ

 

また、お金の教養講座で、そのあたりのことを無料で学ぶ事もできるので、周辺知識を学びたい人は良いと思います。

銀行にお金を眠らせておくのは、勿体無いな」っと思った方は受講してみることをおすすめします。