というわけで、自分に言い聞かせる意味も込めて、あおり気味です。

でもこれほんとにそうなんですよね。労働時間と売上が連動しているかぎり、ちっともラクにならないんです。

急に体調崩したり、家庭の都合で働く時間が減ると、売上が一気に減るリスクもあります。

労働時間と売上の相関を消滅させることが、ビジネスで成功するための必要条件ともいえるでしょう。

自分の労働時間でなんとかしようとしている時点で、ビジネスパーソンとしては二流なのです。厳しいけど。


とはいえ、一足飛びに労働時間をゼロにすることはできません。

まずは淡々とできることをやりつづけ、経験値と資産を蓄積する。大きな風が来たら、蓄積したものをテコにして、上昇気流に乗ることを狙う。

うまくハマると、そのまま成層圏を突破してto the moon!!という具合ですね。


さて、そんな夢を見ながら、今日もできることを淡々とやっていきます。がんばりましょう!

関連記事:残業は暇人がやること。優秀な人は、さっさと帰って副業してますよ。


関連して、「仕事で稼いだお金を資産運用に回す」というのも、同時にやっておくべきことですね。

運用元本が5,000万円くらいあれば、労働からはだいぶ卒業できますよ。